考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

袴を見に行ってきました。

20060113232415
卒業式のときに着る袴を見に行ってきました☆
美容院でレンタルからアップまで一括でやってくれるので、美容院のスタッフさんと一緒に袴を決めました(^^ゞ軽く父親でした。
イメージは写真のどちらか…かな
着物は母親のを借りることにしたので、ほんとに袴だけ。にしても、いいな~と思ったのは高かった(x_x)
今年学生を卒業するわけではないので違和感を覚え、踏み切れず。
でもやっぱり振り袖と袴は一回は着てみたいし!ってことで
袴はある程度色の組み合わせのパターンが決まっているらしく、着物の色を言ったら袴が4つくらいになってました。
お金のこと抜きにして、選ぶのは楽しかったヾ(^v^)k
ちょっと楽しみ。
あとは謝恩会のドレスだ(-.-;)がんばれ私。

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

現実逃避その1

やっぱりこの意気込みは持たないのか?!いやっ…そんなことは…
しかし今日はなんだかついてる日なので、ちょっと書いときます。

さっき感じたこと。
「早起きは三文の得」
昨日新しくバイトをすることになった透析クリニックの薬剤部で歓迎会とお別れ会(優しくって美人な事務の方が年内で退職されるので)を開いてもらいました。勢いあまって平日にもかかわらず焼酎をロックで飲みまくる。焼酎(天下一って有名ですか?濃かったけど美味しかったです)なら次の日に残らないからいいやと思っていたら、世間は狭いもので透析クリニックの医院長先生が空手道部のOBであることが発覚など色々な偶然があり、話が弾んでしまい、家にたどり着くころには泥酔していました。
本当は研究室でパワーポイントと格闘してから帰ろうと思ってたのに。。。完全に不覚でした。でも楽しかったのでよかったのです☆終わりよければ全てよしであります。
そんな訳で今日は午前中西千葉で授業が終わったらかっ飛ばして研究室へ帰ってきました。そのとき正門の前でよっすぃーやようじさんやら、にっすぃーと会いました。にっすぃーは姿を見たのが本当に久しぶりでした。にっすぃーも色んなことで苦労しているらしく(笑)、そのわりに苦労しているところをみられたくないのか、本当にポジティブなのかわかんないけど(たぶんどっちもなのかな)「なんとかなるよ」とにっすぃーを心配していたはずの私が最後には励まされました。
ありがと、にっすぃー。
そんなこんなで頑張って研究室に来るといいことあるんだなって思いました。
よし、がんばれ私!!

テーマ:(*^_^*)うれしぃ - ジャンル:日記

日常生活 | コメント:3 | トラックバック:0 |

患者と医療人

私は右手親指の第一関節の??骨を骨折している。そんなわけで整形外科に通っている。
今日は疼痛も改善してきたので、定期健診に行った。私がレントゲンを待っている間の問診には頭をかかえた。
医師の言い分:患者の行動には患者が責任を持つべき。私は医療人として、患者に助言をすることはできるけれども、最終的な決断は患者自身がするべきだ。(もっと疾患について勉強しなさい。何度もやってんでしょ、その怪我)
患者の言い分:私は先生の意見を聞きにわざわざきているのに、何でもかんでも自分で決めろというのは無責任じゃないか。
私だったら患者の言い分がもっともだと思ってしまうけど。。。しかし背景として、医師は整形外科。おまけに周りにはスポーツが盛んな高校や大学がたくさんあって、そういった患者が多いのだろう。ちょっと強気にいって放任しておくぐらいでちょうど良かったのかもしれない。しかし今の患者は中年の方だ。きっと怪我のつらさや趣味の話を誰にでもきいて欲しい年頃だ。その二人の間に医療に対する考えのずれが生じた。その患者はおこって問診の最中にでていってしまうし、医師もなっだかんだ言って凹んでたし。周りの誰もが耳が痛かったはずだ。
昨今、医療には間違いがつきものだから、患者はもっと賢くならなければならないという。しかし患者が医療提供者より賢くなったのではこちらがすることがない。だからこそ、経験を積んだ倫理観のある医療人が必要なのだ。毎日毎日同じことの繰り返しで、そんな気持ちはどこかへとんでいってしまうのか。医師と患者の垣根が低くなってきたとはいえ、末梢での医療の現実は、まだまだ医師が威張っているのである。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

宿題

「私はいつも友達に会うたびに、
どんなに外見を着飾ったって、中身がきれいな人には勝てないって思うんだ。」


「なんでそう思ったの?」

「…??今まで会った人がそういう人だったから…」

「ふーん」

いや、そんなことが言いたかったんじゃない。気持ちの充実は、オーラとして外見に表れてくる。気持ちが充実していれば、自分の道を突き進むことができるし、だからこそ充実感がある。
けど、外見を逆に着飾ってるってことは中身が強くないことの証でもある(もちろん例外もあると思う)。どんなに外見を着飾ったところで中身が充実した人には見透かされてしまう。足元にも及んでないんだ。そんな思いを積み重ねてきたはずなのに。
その人はどう思ったんだろう。

テーマ:こんな日もあっていい - ジャンル:日記

日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

幸せの閾値

今日久しぶりに夕飯を作りました。といってもポタージュスープをソース代わりにして冷凍のシーフードミックスを加えただけのパスタなんだけど(..;)
できあいのものにちょっとした工夫を加えるだけでゴージャスな食事になるんだなあって感心しながら夕飯を食べました。ご飯作るのも楽しかったし作ったご飯をまったりオレンジペコーを聴きながら食べるのも肩の力が抜ける感じがした。
その後だらだら半身浴して、風呂上がって落ち着いて紅茶飲んだりしてみたら、もー最高・α波でまくり。
最近こんな些細な時間がとっても幸せだったりする。他にも朝っぱらに海まで走っていったり、朝日が登って青空を眺めながらコーヒーをすすったり。何にも考えないでただぼーっと五感が感じるがままに過ごすのってすごくいいみたい。
最近そんな小さな幸せが嬉しく感じるようになりました。
もちろん、あっと言わせるすごく大きな幸せも欲しいけどさ、前みたいにそんなものに向かってがむしゃらにがんばって幸せを手に入れることばかりが人生のなかの幸せじゃないんだって思う。身の回りのことをどれだけ幸せに思えるかっていうのも大事だよね?
最近私の中で幸せを感知する閾値が下がってきたと感じずにはいられません。
もっと楽しい時間が過ごせるように試行錯誤中です。
日常生活 | コメント:4 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。