考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ごめんなさい

昨日ふとしたことがきっかけでマジでキれかけた。
本当は怒りたかったわけじゃないのに。

私にとってその人は命の恩人と同じぐらいに尊い人であり、いつも助けられてばかりだから今度は私が力を貸してあげたいと思っている。

なんであんなことを言ってしまったんだろう。
嫌われるのが怖い。私が一番恐れていること。

返事を見るたび、はぐらかされて凹む私と、私から逃げようとしているように見えたその人に対してキレている私がいた。

何がしたいのか、何に悩んでいるのか、そんなことよりそのときその人が何を考えていたのかよく分からなかった。
もしかしたらその人自身それがわからなくてもやもやしていたんじゃないのか。
その表れが「虚無」という2文字に込められていたんだろうか?
その人の横にいて、何かに気づいているはずなのに何もできない自分が悔しかった。それもただの思い込み?

私自身、寂しさから構ってほしくてからんでしまったんだと思う。

その人がさらに「虚無」に感じてしまったんだったら私は最悪だ。
ただ伝えたかったことは、目の前に映っているあなたが「好き」だということ、今まで私はあなたに何度助けられたことか、あなたが私を生かしてくれていること。だから私を生かしてくれた分、あなたにも生きていてほしいということ。私にはあなたがどこかで必要だし、もしもなれるならあなたの生き甲斐の一部になってあげたい。ここまでいくとかなりお節介だけど・・・

だから(?)私の前ではいい顔なんてしてくれなくていい。いい顔してるとウソに見えるときでさえある。だから私はキレてしまったんだろうか・・・

けど、本当にごめんなさい。どうぞ、私を嫌いになってださい。本当は嫌だけど、私が悪い。
もう誤っちゃたほうがらくちんだよなー
私が考えていることを全部言っちゃったほうがもっと楽なんだろか・・・
スポンサーサイト

テーマ:ああぁぁぁヽ(´д`;)ノぁぁぁああ! - ジャンル:日記

ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<真夜中に再会 | HOME | なぜ?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。