考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

卒論発表が終わりました。

昨日の16:20をもちまして私の卒論発表が終わりました。
当日まで面倒をみてくれたM1の先輩、同じ透析班として色々心配してくださったM2の先輩、私がフリーズしているといつも心配してくれた樹種の先生。先生には一番発表を聞いて欲しかったんですが、先生はご都合で実家の北海道に帰られました。
なにはどもあれ、研究室の先輩みんなに心配され、友達に愚痴りまくり、どうにかこうにか発表が終わりました。

発表そのものは時間制限もクリアし、アニメーションも正常に作動したので一安心でした。しかしカンペがほとんどない状態で臨んだので発表漏れがないかどうかがけっこう心配でした。でも前日にリハーサルをしたのでなんとかそこもクリア。一番恐れていた質問も実に穏やかな質問ばかりで、ふたを開けてみたらけっこうあっけなく発表会は終わりました。4年生の出来ることなんてたかが知れてるんだね、きっと。

いい遅れましたが、私が今までやってきたことをかんたんに書いておきます。
私はリンクにも貼ってあるんですが人工透析と薬について研究することになりました。これは「品川の誓い」で書いたんだっけ。
各学年に1人ずつ透析班の人がいます。とってもやさしくってかわいい人ばっかりです。そしてみんなパワフル。なんせ品川から血を朝運んできて、透析4時間×2とかをやっちゃうわけですから。
先輩は今、代々の先輩たちがそれぞれだしてきた薬ごとのデータを総括し、他の薬に応用する研究をしています。
私はその流れに乗っていくのかと思いきや、新しいプロジェクトを立ち上げてしまったわけです。
それが、抗菌薬と透析、なわけです。

薬剤師が医療の現場に参入していくにあたって一番入っていきやすかったのが、「薬の血中濃度管理」なんだそうです。どういうことかというと、ルルだとかイヴだとかはある程度たくさん飲んでも副作用を起こしたり、中毒にならないような成分です。しかしアレビアチン(緊急病棟24時だっけ?松嶋奈々子がでていたヤツ。で研修医が間違って投与した薬)なんかは、きちんと管理してあげないとすぐに中毒や副作用で死にいたることもある。このように薬は諸刃の刃なわけで、その薬の有効性を最大限に引き出すためには、きちんとその人ごとに管理してあげないといけないんです。その指標として投与した薬の量よりも薬の血中濃度(採血して、その血のなかにどれくらい薬の成分が含まれているのか)を利用します。なぜなら、薬が小腸や胃から吸収される割合には個人差があるし、、、とか色んな理由で。こん時、お医者さんはあんまり薬に関する数値に詳しくないので、そこの管理を薬剤師が買ってでたわけです。こうして病院で薬剤師が活躍する場を広げようとしているようです。この血中濃度の管理をTDMと言います。
特に抗菌薬のなかに同じようにTDMを必要とする種類のものがいくつかあります。それが今回私が題材にした「ゲンタマイシン」だったんです。ほかにも最近話題?のMRSA(抗菌薬に耐性を持つ菌。自然選択の結果なのか…)治療につかうアルベカシン、バンコマイシンとか、色々あります。

ゲンタマシン系の抗菌薬は近年、他の薬と同じように1日3回毎食後に1錠ずつ飲んだりするよりも、1日の総投与量をまとめて一気に飲んでしまったほうが(つまり、1日1回朝食後に3錠、みたいなもんです)抗菌力をより効率よく引き出せるという報告が出始めています。
しかし、同じことを透析されてる方でもできるだろうか、というのが私の研究。透析というのは腎臓が24時間または48時間かけてやっていることをたったの4時間程度でやってしまうわけです。そりゃあ薬も一気に抜けていってしまいます。とか、色んな要素が複雑に絡み合ってて、それはそれは研究としては面白い題材だと思います。もし治療法が確立し、有用であれば、現場へもフィードバックできると思います。
そんな画期的なmix系の研究って行われてるのかな、というのを過去にさかのぼって調べてみる、というのが今回の私の卒論になりました。もしあったら別の薬、なければ私が実験で証明するという戦法にするはず。

今回の結果は「なかった」です。それを証明するために2005年から1967年までの論文を読みまくるのはかなり重圧でした。まだ10年ぐらい残ってますけど☆私の予想ではその10年の論文にも「ない」はず。
なんで来年からは晴れて実験なのか、はたまたもう少し文献で比較検討するのかどうかは分かりません。気まぐれ研究室ですので。

まあ終わってよかったよ。
おかげさまで今日は久しぶりにたくさん寝られました。
大掃除が進まなかったけどさ。
でも、私なりに満足。
来年からは先輩に負けず劣らずもっと薬について勉強して、後輩にきちんと指導できるようにしたいと思います。
長文失礼しました。
スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<総括。 | HOME | 二人の私>>

この記事のコメント

頑張ったねー!! すごぃなぁ、、。結構準備もしっかりしたんだね><

やることやったら、後はゆっくり休みましょうー!
2005-12-29 Thu 14:06 | URL | みーこ #-[ 編集]
おかげさまで無事に終わりましたよん(ToT)ブログみて気分転換させてもらってました。
来年からも自分の道を信じて行きたいね。よいお年を~!
2005-12-31 Sat 21:32 | URL | うみくろん #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。