考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

女子高生の会話

昨日母校(高校)の文化祭に行ってきました。詳しいことはまたあとで書きます。
そんなわけで今日は実家から学校まで直で来たわけです。
実家から学校まで来るにはおおよそ
実家→(東急田園都市線)→渋谷→(東京メトロ半蔵門線)→三越前→(徒歩)→新日本橋→(JR総武線快速)→学校
の順で登校します。我慢して通おうと思えば通える距離ですが、真夜中に友達と家飲みしてみたい!みたいな野望とか、現実的な問題とかで一人暮らしをさせてもらっています。両親には本当に感謝しています。
その話はおいといて、田園都市線には通勤時間帯に女性専用車両が導入されていて、ややすいています。なので好んでその車両に乗るのですが、朝早いためか部活の朝練に行くような女子高生が多くいます。女子高生の話を聞いていると面白いです。
自分も昔こんな会話をしてたのかと思うと恥ずかしいです、まず。でも学校によって会話レベルに差があることがよく分かり、これがまた面白いんですよ。それから、人によってしゃべり方が全然違うんです。なのでこの子のしゃべり方は好感が持てるから自分でも取り入れてみようかなあとかよく参考にさせてもらっています。
その中でも今日印象に残ったのは、自分の思っていることが素直に口に出せる子は好感がもてるなあということです。ただ気のない相槌を打つ会話よりも、「私はこう思ったんだけどさあ」みたいな会話をしているほうが仲良しに見えます。
今日から私も参考にします。
スポンサーサイト

日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<本日の格言 | HOME | やっぱり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。