考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

泣き虫

今月の末に、私の「セフレ」の彼女が帰ってくるようです。

今までずっとこのことを告げられるのが恐かった。
けど分かっていたこと。
分かった上での関係だった。
だからこそ、1日1日を大切にしようと思った。

「大好き」って言われるのが嬉しかった。
けどそれはただの挨拶代わりの言葉で、
どんな女の子にでもそう言ってるんだって分かった。
それが分かったとき思い立ったように1人で泣いた。
何を自惚れていたんだろう、って。なんて最低なやつなんだ、って。

2人でいるとき彼女から電話がかかってきた。黙って電話する2人を見ている私。電話を切ってやればよかった。電話に私が出てやればよかった。けどできなかった。
私が決めたことだ。こうなることも承知の上で。
辛かった。
そのあと、1人で泣いた。

向こうは仕事で疲れていて、けど私は構ってほしくて、けど疲れて次の日仕事に遅刻してしまった後姿を見て、私のせいだと思って泣いた。向こうの自業自得なのにね。

そして先日も、突然「彼女帰ってくることになったよ」と言われたとき、ふとしたときに今度は向こうがいる前で泣いてしまった。

彼女がいるって聞いたときまず大声で泣いた。
ひたすら謝られた。そんなことより短いけど楽しい時間が過ごしたかったから。私たちに「恋愛感情」は邪魔だった。
セフレになるために「この感情=ナミダ」はいらないんだと思って、できるだけ1人で泣いた。
この涙の矛先はまず私に向かい、次に向こうに向かった。私最低、向こうはもっと最低。しかし涙を流した後には虚無感だけが残った。

いつからこんなに涙もろくなったのだろう。
なぜこんな最低な男のために泣いているのだろう。

最後に最低と吐き捨てて家を追い出してやろうか。それとも最後までかわいい子を演じて騙してやろうか。仕返しをすることばかりを考えるようになっていた。
私が愛した分愛してくれなかった分の仕返し。他の女にも言い寄っていることへの仕返し。

仕返しなんて必要ないよね。
あの人はあの人なりに私をかわいがってくれた。嘘でも私はすこし自信が持てた。仕返しをすることが彼に伝えたかったことか?
けど私がそういったところできっとただの悪あがき。泣き寝入りと思われるかもしれないけど、あの人が愛してくれた分を私なりの気持ちで返したいの。

さいごには
「さよなら」
じゃなくて
「ありがとう」
って言いたいの。

どうか、もう泣きませんように。
あともう少しだけ夢を見させてください。
スポンサーサイト

テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記

恋愛 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<○○さんへ | HOME | そして1ヶ月>>

この記事のコメント

お休みが取れそうだったら、神戸に遊びにおいでw
8月末までは確実にいます★

きっとしばらく経ってからこのブログを読んだらまた違う観点で何かを思うと思うから
できるだけのことはやってみて。
がんばれ。
2007-06-10 Sun 09:05 | URL | ゆきの #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。