考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

それが「らしさ」なんだね

おととい、またしても大した事ないことを大した事にしてしまい、たぶん色んな人を驚かせてしまいました。
いつもは私が驚かせる側だけど昨日は私も驚いた。

私のせいじゃないっていうのは分かってるけど、私に責任がないわけじゃない。だったら、一番勝手が分かっていて自由に動ける私が動けばいい。冷静に考えてそういう結論になったので、そのことを嘘偽りなく伝えた。その方が何にでも首を突っ込んでいたい私の気も治まるし。
だからそうするつもりでいたら、いつも通り遅刻することが発覚。そして見事に先を越されていた。
電車の中で電話がかかってきた。
「実は今手続き終わらせました。」
「?(・_。)?(。_・)?えっ??」
こういうことで自分の先を越されたのは人生で初体験。訳が分からず思考回路がショート寸前。
乗り換える間に化粧ができるくらい待ち時間があったので落ち着いてみた。そっか、私がよく分からないを連発してたから私だけじゃ不安に思ったんだ。空手に対して中途半端なんてものはないんだな、彼の中には。そして受付開始時間どころか試合開始時間にも遅れた私って一体…。遅刻ってマジありえない。でも本当にありがとう。
やっとの思いで会場入り。すみませんでした、お役に立てず。
反省点はいくつもあるんだけど、それよりもそのとき、彼という人について分かったことが多かった。そういえばサークルの最初の飲み会で潰れた子を運ぶのを手伝ってくれたし、松戸まで後輩を乗せてってあげたり。練習に来たり来なかったり、ご飯を食べた後もどこへ行くんだか。まあ何に対しても妥協がないんだろうね。
なんとなく今まで私のチャラチャラ具合を見透かされそうで近寄れなかったけど、昨日で彼は私の予想以上に大きな人であることが分かったし、私の間抜けさも出してしまった。あーすっきり。
まあほんとに驚いたけど、すごく嬉しかった。色んな事が。人助けられるって悪くないね。だから4年になってもサークルに行くんだね、私は。
にしても、なんか都合が悪いときでもちゃんと返事しようよ(‥、)ちょっと不安になるじゃん!
スポンサーサイト

テーマ:(*^_^*)うれしぃ - ジャンル:日記

空手 | コメント:0 | トラックバック:0 |

空手が好きだということ

今日は年内最後の空手の試合でした。同じ和流道流という(しかも和道会とも違う)流派のヒトを中心に構成される県大会です。
形部門はだいたい同じ流派の人なので毎年とても参考になります。特にちびっ子有段者の演武はすごくいい刺激になります。私の流派の指定形は(日本空手道連盟公認ってところなのか)セイシャンとチントウという形です。圧倒的に指定形をやっている有段者が多かったですが、他にも昇段審査によく登場するナイファンチ、クーシャンクーをやっている人もけっこういました。みなさん同じ流派にしては腰が低いです。スゲー(ぺこぺこしている訳ではありません)。組手部門では道場の伝?がある人ならどんな流派の人でも出場できてしまうので、アレッていう人も出場していたりします。組手には形ほど流派の間に差はないと思うのでいいんですけど。
ちなみに昨日組手部門の華である一般男子有段で優勝した男の子は松濤館流という別の流派の子です。元は。なぜ知っているのかというとその子がサークルの練習に結構来てくれていて交流があったりするからです。彼は空手を心から愛しています。少し話したことがあるのですが、「空手をやっているときの自分はすごく好き」という言葉からも空手が彼の一部になっていることが伺えますね。私は生まれて初めてそれくらい空手を突き詰めて愛している人に出会ったんじゃないかなあと思います。「空手をやっているときの自分が好き」というほどの自信はないけど、空手をやっているときは他の何からも解放されて、無心になれるので「空手をやっているときの自分は生き生きしている」と思うことがあるね。そういう点では彼の意見に共感しています。
だいたい空手というものを見ていると、ちびっ子が圧倒的に多い。小学生は学年ごとに試合が編成されていたりする。しかし年齢が上がるにつれて競技人口が減っていき、しまいには成年の部は高校生と一緒だったりする。要は、空手を続けてやる人が少ないということです。確かに空手一筋の方を見ていると、私はあそこまで極めなくてもいいかな…と思ってしまうときもありますが、空手ってそんなに魅力のないスポーツ(武道)ですか?「空手をやっているということはなかなか言えない」なんていう話もよく聞きますが、私は空手ってすごく魅力のあるスポーツだと思うんです。形にしろ、組手にしろ、奥深い。空手を通じて学ぶところもたくさんあり、空手をやっている人で悪い人はいませんよ。少なくとも私の周りには。空手を通じて出会った人たちの考え方はみんな大体好きです。それなのに何故?という迷いにも似た感覚が私の中にはありました。
しかし彼のように空手を愛している人が普通に社会に順応しているのをみて、私はすごく安心したのを覚えています。普段はまだまだ荒削りの少年みたいな彼ですが、是非これからもサークルに来て指導してもらいたいな。
一方の私はというと試合前の練習ではあんなに間合いが広くなってきたのに…間合いもクソもありませんでした。これからの目標は
1.リーチを伸ばす(もっと刻みを積極的に出す)
2.相手の攻撃を流して攻撃する
3.出し惜しみしない(緊張しすぎない)
ということで。たぶん。でも頭の中が冷静だったこと、攻撃の前にもぞもぞするのが減ったのは自分なりによかったと思う。段取るまえにもうちょっとがんばるぞ!

テーマ:いいもん見つけたーっ - ジャンル:日記

空手 | コメント:0 | トラックバック:0 |

頭がグルグル

DI.jpg

この写真を使うのって犯罪なのかなあ。まいっか。
これは私の研究室の皆さんで撮った写真です。まだDrの方がいらっしゃいます。ゼミの後に撮ったんだったかな。

昨日、3年生の実習のTA費が出ない私達4年生にために、先生方が素敵なお店に連れて行ってくださいました。ボジョレー・ヌーヴォー解禁だとかいって、調子に乗って飲んでいたらどうやらやられました。頭の中がグルグルしています。
何はともあれ、最近思うことがあります。それは、研究室の同期のメンバーがすごくいいんだなってことです。うまくまとめられないので、ちょっと失敬。
☆ゲさん…一緒に福岡で食い倒れたAO型。彼女は昔から仲良くしてくれています。しっかりもので物分りがよく、何より素敵な家族に囲まれているので話が面白すぎます。しかし辛口。結構大胆。
★グさん…おなじくしっかりもの。しかしタヌキ。まわりの空気を読むのがうまい。色んなことを知ってて、どんな話にも対応。絶対急がない。まじ真似したいです、あなたのファッション。同じ実験班としてこれからもよろしくお願いしますね。
メ☆さん…超辛口。でも思ったことを隠さず言ってるだけ。隠さずに言ってくれるのが心地よいです。いつもランチに行くときは彼女の一声から始まったりします。あなたの毒舌に毎日癒されています。同じくしっかりもの。気遣いうますぎ。机の上がキレイすぎます。
☆りチャン…熱いパッションと繊細な女性らしさを兼ね備えたエレガントガール。あなたがヴァイオリンを持った瞬間に惚れます。まじで。控えめだけど、絶対見守っていてくれます。かと思いきやかなり大胆な発言も…。どうやらお金を取り立てるのは相当うまいっぽいです。料理が得意なのはうらやましいです。
とこんな面々な4年生です。みんな鬼のように美人で他の研究室から合コンのお誘いが来ているほどです。いやあ一緒にいられるだけで目の保養。
私が教授に進路について相談しに行ってしまいには感極まって泣きながら研究室に帰ってきたとことがあります。そのとき恐らく夜の9時を回っていたと思います。そこにはメ☆さんと☆グさんがいたんです。私が泣いていることは何にも聞かないで、ただ一言「お腹空いたよ、ご飯食べない?」と彼女らは言いました。私はその言葉を聞いて本気で泣きました。
こんな私を受け入れてくれるんだ、ということを言葉抜きに感じました。きっと壁を造っていたのは私の方で、それを取っ払ってしまったら、こんなに楽なことはありませんでした。女同士は気を使うから疲れるとは言うけど、この人たちといると気遣いの程度が心地よい。全然苦じゃないんです。女としての立ち振る舞いは本当に参考になります。彼女たちと一緒にいるのに気負わなくなってから、女の子と話すのが急に楽になりました。本当にみんなのことが大好きです。みんなで飲むと本当に楽しくって癒されます。
来年からも一緒に研究できる子もいるけど、就職が決まってる子もいる。まあでもみんな目指しているところが同じで集まった面々だから、どこかで会えるでしょうね。私もみんなに負けないぐらい賢い女になってみせます。これからも食い倒れて行きましょうね。

また昨日は研究室の今までを先生がどう見てきたのかを知りました。いいところも悪いところも、先生がどう考えているのか知れたのは大変よかった。私たちは谷間の学年なんだと思いました。これからこの研究室はちょっとずつ変わっていく気がする。私なりにここでの生活が楽しめたらいいかな。

テーマ:(*^_^*)うれしぃ - ジャンル:日記

| コメント:0 | トラックバック:0 |

脳みそが溶けてる気がする

あ゛ー
毎日ノルマ立てて頑張ってるつもりだけど、院試勉強の時ほど頭使ってない。
ただただひたすら論文と数字との戦い。勉強しなきゃって思ってるのに気がつくと全然違う事してるよ、いつも。
このままでは脳みそが溶けちゃうよー(T-T)

テーマ:つぶやき - ジャンル:日記

| コメント:0 | トラックバック:0 |

超気持ちいい~!!



今日は不意に訪れた休日でした。いつも今頃は薬局でバイトしてるんだけど。
なので風呂掃除して、家の中掃除して、実家に帰る支度してたら雨があがった。すごく窓の外がまぶしかったので宅急便を取りに行くことにした。BGMはやっぱりレミオロメンの「雨上がり」かなあ。
預かり先の郵便局は海(人工だけど)のすぐ側にあって私の家から自転車で10分もかからない。私はその人工の海に昼夜かまわず思い立ってはたびたびやったくる。すごく好きなので色んなヒトに紹介している。きっとその関係で告白された思い出の場所でもあるんだけど…
その人工の浜辺自体はきっと大したことないんだろうけど、来るまでの道のりが結構風情があるんだ。そしてここにくると私の気持ちが「無」になる。ただひたすらにぼーっと浜辺やその向こうに見える工場を見る。全然飽きないんだな、これが。
夜来ると工場がオレンジ色に光ってて、遠くで駅ビルや県庁の天辺が赤く点滅してる。浜辺にはカップルが何組かいるんだけど、ほとんど風とか波の音しか聞こえない。それはそれで幻想的な光景なんだけど、今日の海はひたすらに気持ちよく青い!ちっちゃい子が遊んでる声とか、ヨットが出てたりして、今まで見たことない光景だった。しかもいい感じの音楽とかかかっててマジテンション上がるわ↑↑
帰りになんと近くにはないと思っていたTULLY'Sを発見!!やば~い、ほんとにテンションあがるわ(2度目)。コーヒーで一服して荷物を受け取り帰宅。ああいい日になりそう。渋谷にでもよってから実家に帰ろうかな。

テーマ:(*^_^*)うれしぃ - ジャンル:日記

ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

音楽ってすごいと思う。
私は音楽を聴くと元気にもなるし、悲しくもなる。私が大抵音楽を真面目に聴いているときは何か嬉しいことがあったときや、嫌なことがあっったとき、または自転車で移動しているとき。だから、音楽を聴くとそのときの気持ちとか、そのとき見た景色まで思い出す。
音楽を聞くだけでだよ?音楽って本当にすごい力を持ってると思う。

昔はいわゆる"feel"とかヒーリング系のオムニバスをよく聴いていました。
つぎに何言ってるかよく分からないけどノリだけでテンション上がる洋楽(たぶんイギリス旅行の影響)にとりつかれました。国が違えばこんなに曲調変わるんだなあって思う。これぞカルチャーショック?
洋楽もよかったんだけど、ていうか今でも好きだけど、「カラオケ」という曲者の存在のおかげで邦楽を聴かなければいけないような雰囲気になってきた。そんなわけで半ば強制的に邦楽を聴くようになったんですが、最近は専ら邦楽しか聴いていません。邦楽の最大の魅力は歌と歌詞の2つの世界が楽しめるということではないかと思います(洋楽でもAvrilちゃんなんかは歌詞が伝わってきやすいように思うけれども)。はじめはロック(いわゆるビジュアル系って呼ばれていたやつ)から入って、次にポップス、パンク、…と結構ジャンル問わず聴くようになりました。最近はメロディーよりも歌詞を大事にします。なんだかんだいって1番最初にアルバム買ったのはglobeだったなあ!そのときの気分によって聴きたい曲は全然違うんですが、最近はテンションあげたいときはユーロビート聴いて、悲しいときには柴田淳とかlyricoとか女性ヴォーカルの曲を聴くことが多いです。でも自転車に乗りながら聴くのは最近のポップスだったり。まとまりがありません。
歌を聴くのはすごく好きでも、人前で歌を歌うのはすごく嫌。高校の頃はカラオケは校則違反だったし、薬学部の友達と集まると歌よりも美味しいもの&酒で語ろう!!って感じになるのでカラオケはあんまり縁のない世界…のはずでした。ところがどっこい、空手の人たちは歌う、歌う。置いてけぼりは嫌なのではじめはつきあいで行ってました。
歌がうまい人もいるけど、そうじゃない人もいる。歌がうまい人が歌うのもさすがって思うんだけど、気持ち入っている人とか、体張ってパフォーマンスしている人に感動してしまう自分がいた。カラオケって奥深い世界らしい。結局は自分が気持ちよく歌えればいいんだろうけど、楽しむ媒体が歌っていうのがどうやらすごいらしい(個人的に)。
でもって私にも異変が。最近鼻歌が増えた。最近歌をうまく歌いたいと思うようになった。うまくというか、正確には気持ちよく。歌を歌うことで自分の気持ちが伝えられるぐらいになってみたい。そんなわけでこっそり練習してみたりしてみなかったり。今に見てろよ!

テーマ:自分の考え、想い。 - ジャンル:日記

音楽 | コメント:4 | トラックバック:0 |

私のなかで変わらないこと

私の夢は薬剤師として医療の現場に介入すること。私の知識を病気で悩んでいる人の役に立てたい。

今まで親孝行だと思って薬剤師よりも身分の保証された医師になる夢を見ていた。今が楽しくなかったわけじゃないのに、どこかで「今」を否定して、バラ色の「未来」のために「今」を我慢しなきゃならなかった。それは思ったよりしんどかった。到底、誰かに分かってもらおうなんて考えない方が楽だった。だから本当の自分の気持ちに気づかないふりして、誰かに「私」を騙していないといけなかった。本当の自分を誰かに見せるのが恐かった。そしてそれは「現実」や「自分の意志で生きること」から逃げる、いわばモラトリアムに過ぎなかったんだ。
私は誰かが造ったレールの上を走れるほど器用じゃないから、その脇の砂利道を歩いて行く方が得意だと思う。確かに移りゆく窓越しの景色は見れないけど、私は道端に咲いたたくさんの「花」を見てきた。私はそんな生き方が自分なりに気に入っている。
「ドラマになるような人生を送って死にたい」とか私は卒業式の時に言ってたな(O.O;)心からそう思えるとき、私は「今」が大好きになれるんだ。

そして、今、自分の力で歩きだしてから感じていることがあるんだ。
みんながバカだと思ってやらないようなことをバカみたいにやる人間でありたい。
私はバカでいることの大切さ、着飾らないことのカッコよさを教えてもらったんだ。
バカを突き通す勇気と自信がまだまだ足りなくて、ときどき道が見えなくなっちゃう。だけどそれは自分で道まで這い上がっていくための訓練だったりとか、道まで案内してくれる人の大切さを知るための出来事なんじゃないかって思うんだ。
そうやって私は笑って生きていきたいんだ。

テーマ:いいもん見つけたーっ - ジャンル:日記

ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

映画館で泣いた



「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画を観ました。本当は「チャーリーとチョコレート工場」を観に行く予定だったんだけど席が取れなくて延期。
ALWAYSは東京タワーができた頃の東京(上野?)の街の人の生活模様を描いた映画でした。家族愛の温かさが素直に伝わってきて、一緒に観ていた子と2人で泣きまくりでした。一番深く感動したのは茶川さん(吉岡秀隆)のプロポーズと淳之介くんへの愛情かな…
家族を持つことの素晴らしさと、人を受け入れる(慈しむ)こと、利害関係のない人間関係、そして自分の意見を素直にぶつけることの大切さを体感しました。ある意味出来すぎた構図だったけど…
今私たちが生きている環境では忘れられがちなことばかりだけど、私が目指すのはそういうところなのかなと思った。
このことに感動できるなら、この感動を忘れないで、少しでも多くの人に伝えたい。

話は変わって最後に東京タワーを鈴木一家(堤真一)が眺めるシーンがあるんですが、映画館からの帰り道に煌々と光る東京タワーが見えました。何かの偶然で観た映画でしたが映画館の外に出ても感慨深かったですね。六本木すごい!!

どうやらああいう家族愛を単純に訴えてくる映画に私は弱いようです。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:日記

映画 | コメント:1 | トラックバック:1 |

飲み会って

気づいたら先週の木曜日を皮切りにずっとアルコールを口にしている気がする。
木曜→○
金曜→◎
土曜→○
日曜→○
月曜→×
火曜→◎
水曜→○
木曜→○
いやあ飲みすぎだろ。
月曜が唯一の休肝日だったんだなあ。そりゃああいのりも寝過ごしちゃうわけだよ。
じゃあどこか削ればよかったじゃないと思うけど、それは私の道徳に反するわけですよ。飲んでこそ分かることってたくさんあると思う。その人がどういう反応をする人で、どういう考えや背景をもった人なのかって何回か一緒に飲むと次第に見えてくる。また自己アピールする場所でもあると思うし、テンション高いと疲れるけど何よりストレス発散になる。
サークルの同期のみんなとはそうして仲良くなったんじゃないかな。
飲み会が好きな女ってどうなんだろうって思ってたけど、私は飲み会が好きなことを最近アピールしている気がするなあ。それはそんな私をみんなが受け入れてくれるからだよ。
そんな今日も飲み会なのかしら…

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |

先輩

私は今までにたくさんの先輩と出会った。
弓道部の先輩
大学の空手のサークルの先輩
医学部の空手道部の先輩
薬学部のテニスサークルの先輩
研究室の先輩
バイトの先輩
私は長女だから、先輩(特に同性)に甘えるのは得意じゃない。後輩に絡むほうが楽。今までそれが気になっていた時期もあった。
大学に入ってから、そこまで上下関係が厳しい環境に入ることがなくて、年上の人との距離が狭くなったと思う。

先日、空手サークル兼研究室の先輩がこちらに遊びに来るというので、久々に会いました。私は先輩の先輩らしくないところと、あの勢いが大好きなんです。今までサークルの人の話がほとんどでしたが、先輩と軽く人生について語りました。先輩はほんっとにポジティブで(先輩の場合、別の一面は話さないでいるところもあるようだけど)、しかも同性だからすごくその考え方が参考になります。時々無性に会いたくなるんですよね。今度は会いに行きます。

話にまとまりがないですが、先輩と会って、まあくよくよしてばっかいるのもつまんないなと思わされました。
にしても大人の世界はドロドロしている。いやあ面白い話がたくさん聞けて大満足です。

テーマ:こんな日もあっていい - ジャンル:日記

空手 | コメント:0 | トラックバック:0 |

見えなかったけど

あまり頭の中で考えすぎるのはATPの無駄遣いだと思うのでやめます。
私はB型だからなのか何なのか飽きっぽくて、思いっきり深く悩んだ後、考えるのを止めてしまうことがある。それがよかったりよくなかったりするんだけど。
今日朝起きたら一昨日あんなにふさぎこんでいたのに、ケロッとしていた。
元気になれたのにはたぶん理由がある。
まず、私の周りには友達がいるってこと。何を言われたわけじゃないけど、友達が近くにいる気がして、その人たちのことを考えたらなんか元気になった。
次に昔のブログを読み返してみた。すると、益々立ち直った。ピンピン(/-◇-)/どうしたいのか、を改めて思い出した。あいつの生き方を受け入れること、それは真似することじゃない。気に入ってもらうんじゃない。そして何よりあいつが私をどう思っているのかを思い出した。私をどれだけ大事にしてくれているか(恋愛とかじゃなくて)、私は私なりに感じている。それを分かっているのに目先の行動ばかりに一喜一憂してたら、あいつに申し訳ない。
まだ少し、傷が癒えてないのかも。でも「木を見ていたら森は分からない」だっけ?あいつは私を振り回す力を持ってる。そんなあいつに私の気持ちをうまく伝えるために、時間をかけてでもいい距離間を保って行きたい。
なんとなく今日はそう思った。
まあ結局言い訳なんだけどさ~(=◇=)

テーマ:ひとりごと - ジャンル:日記

ふと思ったこと | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。