考える葦

考えていないようで、考えていて 考えているようで、考えていない 私。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

さよならとよろしく

Pmachupichu01.gif

その人に恋する権利を失ってから、自分がこれからどうしたいのか分からなかった。その人と何回かその後で顔をあわせると不思議と楽しく話ができたりして。でも好きな気持ちは変わらない。その人がその人らしく生きている限り、私はその人が好きだと思う。

その人がくれたことはたくさんある。形に残らないものばかりだけど、私の人生変わった。
はじめて話したのは失恋話だった。なんて恋多き男なんだ、みじめな奴、と思った。でもその人が凹んでいるのをそのままにしておくことは出来なくて、ずっと話を聞いた。なけなしの私の誠意のつもりだった。私の失敗談を話したりしているうちに意外と話が弾んだ。それから色々なことについて話した。今でも覚えている。夢の話、内緒でやっていること、ふとした妄想、趣味、スポーツ、身の上話、下ネタ。なんでも話せた。話してくれた。その人はすごく趣味が多かった。というのもいろんな方面に友達がいて、友達を自分自身よりも大事にしていた。好きなものに対する思い入れが深くて、その話を聞いているのが好きだった。自分もすっかりその気になって、TSUTAYAでCDやビデオ借りてはその人の言葉を思い出しながら聴いたり観たりした。

その人を知れば知るほどにもっと知りたくなった。何が好きで、何を考えているのか。その人をつき動かすものはなんなのか。たぶん今の私はよく知っていると思う。その人が無邪気に嬉しそうに話しているのをみているのが嬉しかったし、深刻に考えこんでいるときは少しでも側にいて力になりたいと思った。

その人が、他の人には話しづらいことでも話してくれるのが嬉しかった。信頼されているということを体で感じた。なによりも私のエネルギーだった。

その人は私の話にイチイチ真面目に答えてくれた。私は行動が奇抜だとか不思議だと言われるから、私のことなんてわかってくれなくてもいいと思ってた。でもその人は私を変な奴というくくりでみないで、一人の人間として真正面から向き合ってくれた。その人にはどんな些細なことでも話したいと思った。自分の思ったことをなかなか口にできない私が、人に自分の思ったことを話したいと思ったのはその人がはじめてかもしれない。

その人は私に対して絶対嘘をつかなかった。私はずっと昔、好きだった人と、自分が信頼していた友達に嘘をつかれていたことがあって以来どこか人を信用するのが怖かった。その人を疑ってしまったときもあったけど、その人の全部を受け止めて、信じることの素晴らしさを知った。

まだまだたくさんあります。書ききれません。

けれど私は4年生になって、現実の世界に引き戻された。将来のこと、勉強、研究、新しくてそしてなかなか馴染めない環境。確かに手を差し伸べてくれた人はいたんだけど、私はいつしか彼に依存しようとしていた。ちょっと一人で考えれば分かるようなことでも、彼に大げさに相談しようとした。彼の気を引いていたかった。そうすればそうするほど、うまくいかなかった。本当のことが言いたかったけどいつも私が叱られるか彼の悩みを聞くだけで終わった。意気地なしだった。昔のことを思い出すと楽しすぎて余計に今が辛くなった。なら、悔いが残らないように、思っていることを全部出してしまおうと思った。

その話をしているとき彼は黙って聞いていた。真っ暗闇が朝焼けに変わっていた。彼は重い口を開いた。彼の一言一言に呆然とした。私は自分のことに精一杯で結局全然彼のこと見ていてあげられなかったんだ―。そのときが一番嬉しくて、嬉しい分だけ辛かった。彼は私のことを1ヶ月くらい考えていてくれたらしい。どうしたら私にとって一番良い結果になるのか、たった1人で考えてくれていたのだ。私は泣くこともできなかった。言われるがままだった。今が終わったら、永遠に会えない位遠くに彼を感じた。

院試の最中何度もその日のことを思い出した。私のなかで彼との関係に関してはそこで時が止まっていた。

院試でもがいていたら、自分のことが少し分かった。そうしたら自分のなかで気持ちに少しゆとりができた。私はその人のこと好きになったこと全然後悔していなかった。私はそのことをきちんと伝えられたのだろうか?

ねえ、わたしはまだ好きだよ。好きだって良いじゃん。好きすぎるとうまくいかないんだ、私。あなたのこと全部知ってやろうって思ってたけど、そんな必要ないって最近思うんだ。私はみたままのあなたを見ていれば、それがあなただって思える気がするんだ。それでね、やっぱりあなたには大笑いしていて欲しい。深刻な話は似合わないよ。心配するのは私の本能だから、仕方ないでしょ。ウザいかもしれないけど、私はあなたのことずっと心配してるから。気が向いたら話に来て。それが「私」の本来の姿だと思うから。

今度はもっと仲良くなってよ。ていうかなってもらうから。一般論なんて必要ない。
スポンサーサイト
恋愛 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本日の格言

今日研究室の先輩との会話の中からすんごいお言葉が。なんでそんな話になったのかはよく覚えてないけど先輩の名言とは…
「生きてるって変わるってことだよね」
確かに…
こないだ文化祭で色んな友達に遭遇したけどみんなほとんど来年からは社会人。やっぱり、サークルの同学年の男の子たちも来年からはみんな社会人だし。いままではほとんどみんなが学生だったから会えたけど来年以降会えるのかなあ。。。私は相変わらずたぶん学生だし。。。
って考えると大学院に進学したんでよかったのかなあって今更ながらに思ってしまう。なんとなく周りが大学院に進学するし、教授にもゴリ押しされたしとかそんな”流れ”でここまで来ちゃったところもあるし。うーん、、、薬学って世間一般とずれてるんだな、、、
みんなが生きている限り、今が永遠に続くことはありえない。だからこそ今がいとおしくって仕方ない。なくなってしまうって分かっているものの方がほうが大切にするしね。
こういうのを一期一会っていうのかな。
日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

女子高生の会話

昨日母校(高校)の文化祭に行ってきました。詳しいことはまたあとで書きます。
そんなわけで今日は実家から学校まで直で来たわけです。
実家から学校まで来るにはおおよそ
実家→(東急田園都市線)→渋谷→(東京メトロ半蔵門線)→三越前→(徒歩)→新日本橋→(JR総武線快速)→学校
の順で登校します。我慢して通おうと思えば通える距離ですが、真夜中に友達と家飲みしてみたい!みたいな野望とか、現実的な問題とかで一人暮らしをさせてもらっています。両親には本当に感謝しています。
その話はおいといて、田園都市線には通勤時間帯に女性専用車両が導入されていて、ややすいています。なので好んでその車両に乗るのですが、朝早いためか部活の朝練に行くような女子高生が多くいます。女子高生の話を聞いていると面白いです。
自分も昔こんな会話をしてたのかと思うと恥ずかしいです、まず。でも学校によって会話レベルに差があることがよく分かり、これがまた面白いんですよ。それから、人によってしゃべり方が全然違うんです。なのでこの子のしゃべり方は好感が持てるから自分でも取り入れてみようかなあとかよく参考にさせてもらっています。
その中でも今日印象に残ったのは、自分の思っていることが素直に口に出せる子は好感がもてるなあということです。ただ気のない相槌を打つ会話よりも、「私はこう思ったんだけどさあ」みたいな会話をしているほうが仲良しに見えます。
今日から私も参考にします。
日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

やっぱり

やっぱり好きなんだなあ。私
会うとどうしてもドキドキする。今までみたいに何かに期待してるわけじゃないけど
でもこうやってうじうじしてても何も変わらないから、これからのことをまじめに考えようっと。
恋愛 | コメント:0 | トラックバック:0 |

存在証明を鳴らせ、サイレン

20050921154948.jpg

太い指あなたの手 夜を舞う白い羽

いつかきっと忘れて 私なんていらないよ、きっと

車窓に映った街明かり 涙で滲む影、コマ送り
生まれてしまったその理由もわからないまま私は消える

闇をかき分け差し込む光 今も消えない明日への焦り
理由(わけ)もなく止まないその痛み

誰かどうか見つけて 開かない白い羽
いつかきっと崩れて 私なんか消えるんだ、きっと

窓に映車った街明かり 涙で滲む影、コマ送り
あなたに出逢ったその理由も わからないまま世界が終わる

闇をかき分け差し込む光 今も消えない明日への焦り・・・
理由(わけ)もなく止まない その痛み

存在証明を鳴らせ、サイレン…の続きを読む
音楽 | コメント:0 | トラックバック:0 |

なんで

なんで私ばっかりこんなに我慢しなきゃいけないんだろう
なぜ怒りたいときに笑顔でいなきゃいけないんだろう
こんなとき、分かって欲しいと思うのは、私の勝手ですか?
それでもやっぱり尽くしてしまう
我慢してしまう
それがあなたの為だと思うから?
いや、自分を犠牲にしてる自分に酔ってるから
あることないことに夢を見すぎだから。
日常生活 | コメント:2 | トラックバック:0 |

論文が追ってくる



明日は研究室のゼミで論文紹介をしなければなりません。実験と平行しながらやっていたのと、期間が短いのと、私が院試後の休み気分が抜けてないのと相乗効果でせっかくの3連休が‥(;>_<;)ビェェン 院試勉強以来久しぶりに窮地に立たされています。院試の時は院試が終わったら合宿みたいな行事もあったしやりたいこともたくさんあったからなんか頑張れた気がするけど、論文読み終わっても特になんにもないからなあ‥いまいちがんばれない(__;)
そうだもうすぐ駅ビルのデパートがポイント5倍になるから買い物に行こうかなあ。実家にいたころごひいきにしてたお店が新しく入ったしねえ、見に行ってみようかな。それとも靴屋さんをのぞこうか、化粧品でも買おうかなあ。それとも久しぶりに髪でも染めようかなあ
嗚呼そう考えるとなんだか楽しいようで西日がなんとなく虚しい感じにさせる。また今聴いてる柴田淳のアルバムが切ないったりゃありゃしない。
やらなくちゃいけないこともたくさんやりっぱなしだし、あーやだなあ
とりあえず今日はミスドかスタバかサンマルクかベローチェで一息ついてもう一回がんばらなきゃ…
| コメント:2 | トラックバック:0 |

好きを超えてる

失恋して一ヶ月半。もうくよくよしてはいないけど、やっぱりこのことについて真剣に考えようとすると、思考回路が停止してしまう。
昨日いわゆる「合コン」に招待されて行ってきました。相手方もみんなすごく優しい&大人な方だったし、女の子側も全然気を使わないでいられるメンツだったのでフツーの飲み会みたいな雰囲気で終始楽しかったです。そして人生ではじめてのビリヤード!!懇切丁寧に教えてもらってしまったので、かなり楽しめました。また遊びましょう、って言われたらもちろん遊びます。
新しい人たちとの出会い、はたまた弟のような存在の人から「あなたのような彼女が欲しい」という謎の発言もあり、どうにもこうにも不思議な感覚でフワフワしている。
今、彼氏に求めることは?それは言うまでもなく私を受け止めてくれる人なんだけど、、、それだけ?
前好きだった人はすごくいい意味で変わった人だった。あの人の生き方が私のいたる所に染みついてる。
今の関係(あたりさわりのない話ならできるし、メールもできる…と思う)は絶対嫌だ。昔のように戻りたい。
苦しい思いをしたし、あなたにもさせたんだから、もっといい関係になれるよね?

私にとってあなたはもう好きとかじゃなくて、もうその生き方が私の一部になっちゃってるんだよ。

あなたに会えない人生なんて絶対に嫌。このまま微妙で気まずいままなんて絶対に無理。耐えられない。だからもう一度話がしたい。私が笑えるとこ見せてやりたい。
ちょっとはなしが吹っ飛びましたネ。。。彼については随時考察していきたいと思います。
恋愛 | コメント:0 | トラックバック:0 |

主将兼お父さん

admi01.gif

おととい、サークルに遅れ気味で顔を出したらもと主将の同学年の男の子が練習していて、一ヶ月半ぶりに再会を果たしました。彼は今まで実家近くの山でフィールドワークをしていたのです。あまり練習する時間もないし怪我をしていたので、ほとんどそのモト主将と話していました。山ごもりは相当過酷だったらしく、彼も誰かと話したくて仕方ない様子でした。
彼と話してるとほんとに落ち着く。はじめは私がけぎらいしてたんだけど、彼がサークルの主将、私が副将をやってたときに彼とぶつかってみて色々分かった。生まれ持っての主将体質で、頼りがいがある。嘘はつ絶対かない。誰でも分け隔てなく受け入れることができ、面倒見がいい。でもチョー堅物。頑固。見た目が年上風。だから私は彼をお父さんと呼びます。酔ったらなんでもしてくれます。でもってこいつもお笑い好き。ときどきスベることを言うんだけどそういうのが妙にツボだったりするんです。
彼とはガチンコでぶつかったからこそ、長いことかけてお互いを理解し認めあえるようになったと思う。お互い強がりだけど、弱みを見せられるくらいほんとに信頼してる。彼との関係から得た物はすごくたくさんあるんじゃないかな。この間私が失恋して落ち込んでたときにも相談にのってもらいました。ほんとに命の恩人級のアシストでした。
そんな彼を囲んで後輩たちとワイワイやってたらすごく懐かしくって、無条件に楽しかった。こんなときがずっと続いたらいいのに、って思ってしまう。
彼は卒業したら実家にもどってしまうけど、これからもずっと私はあなたと出会ったことを誇りに思えるよ。たまには相談にのってね。
友達 | コメント:0 | トラックバック:0 |

品川の誓い?

20050915075403
今日は品川へ行ってきました。品川はキレイなオフィス街に変貌してましたね。写真は品川駅のオープンカフェで撮ったものです。
品川の食肉卸売市場で牛血液をもらってきて透析の実験に使います。人工透析には大きく分けて腹膜透析と血液透析の2種類があり、私たちが研究しているのは血液透析です。透析が普及してきたことによってたくさんの腎不全患者さんの命が救われてきたけど、やっぱり結局は異物に腎臓の代わりをしてもらうわけで、何かしらの不都合が生じてしまう。人工腎臓をダイアライザーと呼びますがダイアライザーごときに精巧な腎の代わりはできっこありません。腎臓の役割である代謝排泄がダイアライザーと腎臓で違ってしまい薬が効きすぎてしまったり効かなくなってしまったりする。そのことを少しでも改善しようと言うのが研究の根本課題だと思っています。
実際に透析室で血液透析の治療を見させてもらいましたが、やっぱり見ると燃える。患者さんの不安を少しでも減らして、安心や喜びにかえてあげたい。
以前の病院実習で患者さんと意思疎通することの大切さと、患者さんを安心させるにはそれを裏付ける知識とそれに見合った自信がないと恥ずかしいことが分かりました。だから私は大学院に進学して更に知識を身につけたいと思った。そうしたら自分に自信も帰ってくるんじゃないかなって思った。今はちょっと辛いけどその先にあるもののため、自分のために研究をこれから2年間続けることを選びました。

| コメント:2 |

夜中に話し合うぐらいの友達。

20050919000933.jpg

なぜアジカンかというと、私はその友達がライヴでアジカンをやるっていうんで、アジカンを試しに聞くようになったという、彼はいわゆる火付け役なのです。彼の音楽(いい音楽を嗅ぎ分けること)のセンスはやっぱりちょっとずばぬけけていると思われます。あとお笑いのセンスも。彼は今までに会ったことのないタイプでありました。
彼はスリムな人です。外見が、ではありません。(容姿はけっこう評判がよいようです)なんとも表も裏もない人です。だからこそつきあいやすいのですが、相手のことも鵜呑みにしてしまいがち。もうちょっと裏っていうか空気読もうよ、というのが最近の世論です。
彼と遊ぶと普通に楽しいです。なぜなら反応がいいからです。しかしだんだん体力に差を感じるようになります。申し訳ないのですが、ときどき疲れてしまいます。
悪口ばかり書いている彼ですが、そんな彼が嫌いではありません。憎たらしいやつです。時として誰よりも的を得たようなことを言ってのけたり、妙にプラス思考なのが功を奏することがあるようです。
そしてなにより実は自分と似ているような気がするのです。どこら辺がかというと、実は相手にいやな思いをさせたくないばっかりに、言いたいことが言えないで笑っているところとか。相手を否定するようなことはほとんど言えないですね。そしてどうせ自分なんてと思っている割合が高いのも似ています。私はそう思うようになったのには思い当たる節があるのですが、彼からはどうもそれは見当たりません。
今思いつくことはその程度ですが、じつはかなり共通項があるようです。そんな彼をみていると、私を見ているようで、もどかしくて嫌になるときがあります。そしてついついダメ出しばかりしてしまいます。そこでも楽観的っぷりを発揮してくれたお陰で今までなんとか友達でいます。しかし、とあるヒトから「彼を分かってあげてください」と言われてハッとしたのです。自分と似ているからこそ私なら彼を理解しやすいのです。また、しかってばかりでは私が彼に考えを押し付ける一方で、それ以上彼を理解することはできない。そればかりか、彼だってそんな人の話を聞いてやろうとも思わないでしょう。
だから、なるべく私は彼のありのままを受け止めることができるように訓練中です。
なにはともあれ、そんな彼に助けられているとさえ感じているので、これからもずっと仲良くしていきたい友達の一人です。

友達 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ニューシネマパラダイス鑑賞

院試に追われ恋に破れ友達に置いて行かれたような気分になったときすがるような思いで読んだ雑誌にべた褒めされていた映画。それがニューシネマパラダイス。ナウシカ級の涙は出なかったけど、心がじんわり温まりました。ライフイズビューティフル系の映画ですね。アルフレードがトトを励ますために出したおとぎ話と、トトのお母さんが最後に言ったここはまぼろしでしかないからという台詞がなんとなく意味分からないんだけど、アルフレードがトトのこと大好きだったんだなっていうのが最後の映画で伝わってきました。トトもアルフレードのことが大好きで、二人の間には会話なんてなくても何かを感じ取れるんだな、ってのが妙に泣けました。この映画を見たら色んな人と色んな側面から話ができそう。たとえば、映画って私にとって何なんだろうとか。
どんな激務があったとしても、心の潤い(アタシ的には自分の感じるがままの気持ち)だけは大事にしたいですね。と思ったりでした。
映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ナウシカ鑑賞

20050912172714.jpg
先日、TSUTAYAが半額だったのでナウシカを借りてみました。映画では泣けない質だし、物分かりがとても悪い私だったけど、ナウシカが自分を犠牲にして風の谷を守ったあたりから号泣。自分でもびっくり。
ナウシカともののけ姫は設定が似てるし、もののけ姫の方がテーマが重い感じだし、微妙にハッピーエンドじゃないけど、ナウシカもよくよく観ていると深いんだなあと改めて感心しました。
なんで泣いたんだろうかな。ナウシカの潔さ、というか意志の強さは半端ではない。国を背負っていながらも、その重圧に絶対屈しない。屈しないどころか、むしろ生活の一部?ぐらいになんでもやってのける。あんなにかっこよく何でも決まったらいいだろうなあ。でも過去になんかあったのかな?って思われる節が。そこらへん映画だけでは謎。
そう、ナウシカは絶対に自分の意志を曲げない。私の友達も言ってたけど"根拠ない〟自信があるんだろう。それって知らない間に湧いてでてくるもの?自分らしく生きられる人って本当にうらやましい。私は他人とばかり自分を比較してしまうから、自分の中で「絶対」というものがない。そんな私にはナウシカがうらやましく映った。自分の思うままに生きられたら、私、いつどんな状況で死んでも後悔しないと思う。ナウシカまでとは行かないけど、私もそんな風に生きたいと思ってる。
そうか、だからナウシカに感情移入してたんだ。だから王蟲がナウシカを最後助けたとき、本当にうれしかった。風の谷の人が「姫さま」を信頼してたこととか、ナウシカの犠牲の上で美しい自然が帰ってきたこと、そのみんなの気持ちがビンビン伝わってきて私は泣いたんだ。こんな単純なことでも泣けたんだ、私。ちょっとうれしい。


映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |

何で日記を書こうと思ったのよ

それは一ヶ月ほど前、私は失恋したからです。しばらくご飯がろくに喉を通らなくなるくらいショックだったみたいです。
うまく行かないなってのは、なんとなくわかってた。でもなんでこんなにショックなんだろう?この気持ちはショックなのか?心の中にすっかりできあがってしまった傷口について少し観察したいと思う。
その他 | コメント:1 | トラックバック:0 |

東西線で思ったこと。

都内に買い物にいくことにした。
買い物大好き。品物を見ているだけで、幸せな気分になって帰ってくる。最近ではショップの店員さんと話せるようになってきて、自分も進歩したなと思う。
買い物は一人で来ることが多いかな。同じ店に行ったり来たりして、やっぱり「欲しい!」って思ったら買う。買った瞬間は天国にいるみたい。それで帰りにスタバとかに入って色々と妄想してみる。至福のひととき。
大学に入ってから都内で同窓会をすることが多くて、都内に来ると高校の頃の友達を思い出す。同じホームルームだった友達はだいたい進路も似てるんだけど、部活の友達は色んなところに行った。こないだも予定が合うメンバーだけで集まったんだけど、やっぱしみんな変わってなかったわ(笑)気づくと下らないことばっかり話してて、すごく懐かしい気持ちになる。部活の友達といると特に、勝手に笑ってる。私には大事な仲間がいるんだって、心強くなって帰ってくる。これからもよろしくね。
私が心強くなれるもう一つの理由として、海外の大学に行った子たちがいるってこと。自分がやりたいって思った気持ちを、貫いた結果なんだよね。本当に悩んでいる次元が違うんだな。まず、言葉が通じないじゃない?だから何をするのも本当に苦労して来たみたい。苦労、って言葉で片づけちゃいけないんだよね。ほんとに強く生き抜いてるんだよ。彼女たちは。将来絶対に夢をつかんでくれるだろうと
そう考えると私の悩みなんて些細なもの。彼女たちは私にいつも生きるヒントをくれる。
やりたいことがあるんなら、迷っている暇なんかない。人と違ったっていいじゃない。私が私らしくあることが一番だよ。結果は後からついてくる(と思う)。
でも、私にはそれが信じられないとこがある。
「私らしさ」って私にはあるの?

日常生活 | コメント:0 | トラックバック:0 |

本題に入る前に

問)A Thinking Reedを和訳しなさい。
答)考える葦

考える葦ってのは
パルカルが「パンセ」のなかで人間の存在をとらえた語。人間は葦にたとえられるような弱いものであるが、考えるという特性を持っているとして、思考の偉大さを説いたもの。(広辞苑より)
私は高校の頃倫理をやってて、まずこの文句にハマりました。パスカルがどんな人であったにしろ、すごく共感しています。考えるから、嬉しくって、やっぱり悲しくなったりして。そんなスパイスたっぷりの人生送れるなんて私ってついてるかも!
今まで自分の考えを改めて考え直してみるって事、恐くてしてなかった。でも、気づいてみたら何度も同じ所でつまずいてた。だからこそ、どんなデコボコ道だって、楽しんで歩ける日が来るように、日記をつけてみようと思ったわけです。昔手書きの日記もつけようと思ったんだけど…3日も持ちませんでした。
私の飽きっぽさに乾杯!
これからはなるべく思ったことすぐ書きたいと思います。たぶんすごい暗いときと陽気なときがあるけど、どっちも私なんです。
その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。